ベビーシッターについて知ろう

保育サービスの中には公的な保育サービスである保育園や幼稚園以外にも民間業者が行うベビーシッターのサービスがあります。公的なサービスである保育園や幼稚園の場合だと基本的には朝から夕方までのサービスとなります。

最近ではごく稀に夜中もサービスを提供している場合もありますが、ほとんどの場合夜中の保育をしていないです。



しかしベビーシッターの場合だと夜中でもサービスを展開している場合もあります。

派遣されるベビーシッターは保育士や幼稚園教諭などの資格を所持しているシッターが派遣されるので、安心して依頼する事が可能です。ベビーシッターのサービスは自宅でサービスを展開します。

そのため安心できる環境のもとで保育サービスを受ける事が可能です。

ベビーシッターのサービスにはデメリットもあります。


まず最初にデメリットとしてあげられるのが、サービス代金が高い事があげられます。

公共サービスである保育園や幼稚園の場合、月にして50000円程度の負担ですみます。

役立つGirls Channelの珍しい情報をご紹介しています。

しかしこちらのサービスだと月にして100000円程度の負担が必要になる可能性もあります。
しかもシッターにガソリン代などを渡さなければいけない場合もあり、その場合だとさらに10000円程度の費用がかかる場合もあります。



ほとんどありませんが、シッターが物を破損する可能性もあります。

事前に損害賠償保険に加入しているかどうかを確認しておかないと後々大変な事になります。